その行為はマナー違反!?VIO脱毛希望者にありがちなNG行為

一昔前と違って脱毛サロンで脱毛する料金が大幅に安くなり、サロンの数も増えた現在ではムダ毛は自己処理だけ済ますだけでは終わらず、サロン行って脱毛することが当たり前です。

そして脱毛する部位の中で脇と同じく人気なのはVIO、つまりデリケートゾーンです。海やプールに行き水着を着る時、銭湯や温泉など人前で裸になる時などオールシーズンで需要があり、今ではVIOの脱毛は女性の常識でありエチケットと言ってもいい程です。

今回はそんな人気の高いVIO脱毛の意外と知らない事、人にはなかなか聞けない事をテーマに書いて行きたいと思います。

スタッフが一番嫌がるのが臭い?

VIO脱毛を希望する方のなかには、脱毛サロンで働くスタッフが一番嫌がる行為を本人の自覚症状がないままに行っている場合があります。

口には出しませんはスタッフが一番困惑するのは臭いです。

特にVIOは体の部位の中でも一番臭いが発生しやすい部位です。

最近の若い人のなかには週末に徹夜で飲み会やカラオケなどをして過ごしてそのまま脱毛しに行ったりする場合もあったりしてシャワーを浴びないこともあるようです。

不潔な状態だと汚れや汗が溜まり雑菌の繁殖を呼び臭いの原因になります。

偶然入ったトイレがウォシュレットがなかった場合なども目に見える汚れはトイレットペーパーでふき取れても、臭いを発生させる原因になる物質は目には見えない小さい場合もあり得るので、当日までにキレイに洗い流せない場合には、サロンのトイレを借りてウォシュレットで洗い流すようにしましょう。

生理中の施術

ほとんどのサロンで生理中のVIOの施術は禁止されており、生理中にも関わらず当日サロンに行くとVIO以外の部位のみ施術してくれる、あるいは最悪の場合施術自体を断られて、一回分を消費されてしまいます。

生理中は血も出るのでベッドのシーツや脱毛機械に血が付着し不衛生かつ感染症のリスクもありますので、本人にとってもお店側にとっても良い事は一切ないので生理のサイクルを正しく計りながら予約を入れるようにしましょう。万が一生理の日と施術日が重なる場合は事前に連絡して変更しましょう。

どこのサロンも最初に契約する際の書類に生理中の脱毛に関する事も記述されているのでよく確認してみるのも重要です。

施術前日までの自己処理をしない

どこの脱毛サロンも脱毛前日までのムダ毛の自己処理を徹底するように指導があります。

光脱毛ではムダ毛長いとよくないので、万が一ムダ毛を放置した状態で当日を迎えると厳しいサロンだと施術を拒否されます。

拒否はされない場合でも、施術前にスタッフがシェービングを行うのですが、人気があるサロンは施術時間を計算して次の予約を埋めています。施術に関係ない予定外の時間は店側だけじゃなく他のお客にも迷惑がかかるので、マナーとして必ず自己処理をするようにしましょう。

VIOのなかでもOの周辺は完璧に自己処理をするのは困難なので、ある程度の剃り残しなどは許容してくれるサロンが多いです。ただ、あまりも多い場合にはシェービングに追加料金が発生するサロンも少なくないので、余計な出費をしないためにも自己処理はとても大切です。

番外編(VIOゾーンの全てを脱毛すると恥ずかしい思いをする?)

ここでは番外編として、希望者が多い脱毛部位のVIOですが、脱毛してしまうと恥ずかしさを覚えることもあるようなのでご紹介します。

まずOラインですがお尻全体をOと呼ぶのではなく、一般的に肛門周りのみをOと呼んでいます。

Oのムダ毛は基本的に必要がないのでキレイに脱毛してしまいましょう。

次にIラインですが陰部を中心とするデリケードゾーンの事をそう呼びます。

Iラインは汚れやすく臭くなりがちなので清潔に保つためにも脱毛したほうがいいですね。

キレイさっぱり完全に脱毛してもいいですが、あえて少しだけ残す方も多いようです。

最後にVラインですが、これは水着や下着を履いた時にはみ出す部分だと言えば分かりやすいですね。

このVラインは範囲が広いのが特徴ですが、全ての部分を脱毛してしまうと、銭湯や温泉などで周りの視線が気になり恥ずかしい想いをしたとの話も耳にします。

どのサロンでも自分が望むような形である部分だけ残して脱毛するなどのリクエストが出来るので、後で後悔しないようなVIO脱毛をするといいでしょう。

まとめ

女性が脱毛を希望する部位で脇と並んでもっとも人気があるのがVIOです。

脇と同様に夏に水着になった際にムダ毛があると恥ずかしいので、脱毛部位としてとても人気があります。

また夏だけじゃなく、冬場でも温泉や銭湯などに入る際に、VIOのムダ毛が密林地帯のように伸びていると周囲の視線も注がれるでしょう。

そんなVIO脱毛希望者がやってしまいがちな迷惑行為として、施術当日にも関わらずVIOを清潔にしていない、自己処理をしっかり行わない、また生理中にも関わらず施術を希望することながあげられます。

自分の事を担当スタッフとは脱毛完了するまでかかわって行く可能性が高いので、相手の気持ちにたって最低限のマナーを守ることでスタッフと良い関係性を築き、ひいては良い脱毛効果に繋がる事だってありえます。