全身脱毛のメリットとデメリットはどっちが多いの?

脱毛を考えている人で、両脇などの部分を脱毛するか、通う期間などの手間を考えて一回の施術で全身を脱毛するか悩む方もいると思います。

実際部位ごとに脱毛をしていき、最終的に体の全てを脱毛するのと、一回の施術で全身を脱毛し完了するのでは費用面でも、長期的に考えれば全身脱毛の方が安く済む事が多いです。 今回は全身脱毛をするメリットでデメリットの両方を考えてみます。

自分で処理にするのと比べると手間が掛からず、そり残しやムラがない

全身脱毛のメリットは何かと聞かれた場合に、もっとも多い答えが自己処理が楽だと答える方がおおいでしょう。

ムダ毛の処理を自宅で行う場合は、カミソリやシェーバーで全身をムラなく行うは難しいです。 体の構造上手が届かない部位や見えない部位が存在します。

VIOのOラインや背中やうなじにかけては、利き手にシェーバー、反対の手で鏡を持ち部位を移しながら、上手に剃って行くのは本当に大変で時間もかかります。

このように処理が大変な部位も脱毛することにより毛も細くなり、毛が生える頻度が減り、自己処理に掛かる手間暇も格段に少なくなります。

炎症などの肌荒れを予防し美肌になる

全身脱毛を行うことでお肌がきれいになり、いわゆる美肌になれます。

この理由は、ほとんどの方がムダ毛の自己処理をする際にカミソリを使用していることにあります。

どれだけジェルやクリームを塗布して処理を行っていてもカミソリは刃ですので、肌へのダメージはゼロにはなりません。

そしてカミソリの刃が肌の表層面をなどを削り取る事により、炎症を起こしたり、埋没毛になったり、時には皮膚まで切ってしまい出血するこもあるでしょう。

このような肌に良くない自己処理が、全身脱毛をすることにより減るので、当然肌の健康状態は良くなります。

自己処理に比べ費用が掛かる

先ほどはメリットの1つとして自己処理の手間が省けて楽になることを取り上げましたが、ここではデメリットを1つピックアップしてご紹介します。

全身脱毛は文字通り体全体のムダ毛を脱毛するので脱毛料金が発生します。

サロンによって全身脱毛に必要な金額は多少変わりますが、20~50万前後必要になります。

一方自宅で自分で処理する場合は、毛抜き、カミソリ、シェーバーなどと、処理した後の肌を保護する保湿クリーム等しかお金は必要なく、どれも高額なものはありません。

自己処理に必要な金額とサロンで全身脱毛する費用を比較するととても高額ですが、人生という長いスパンで考えるとどちらが得と考えるかは人によって違います。

一定期間通う必要がある

全身脱毛の他のデメリットを挙げると、それは施術時間が長いことと、長い期間をサロンに通う必要がることです。

脇や足、手など部分的な脱毛だと短くて5分程度で済みますが、全身脱毛は脱毛部位が多いので当然、施術時間も長くなります。

施術時間の目安としては60~120分前後で、サロンが使用している脱毛マシンによっても違います。

また全身脱毛は短くて1年半~3年は脱毛サロンに通わないといけないので、根気よく続ける必要があります。

ただし1回の脱毛が終わると次に通うのは2~3か月後なので、1年半~3年と言っても実際は10数回~で終わるのでそこまでサロンに行く事がそこまで苦痛に感じられる方は少くないでしょう。

まとめ

全身脱毛は一回の施術で文字通り体全体を脱毛することなのですが、メリットとデメリットもあります。

メリットは体全体を脱毛するので自己処理が圧倒的に楽になります。

体の部位によっては手が届かなかったり死角になっていて良く見えないので剃り残しがあったり、誤ってシェーバーで傷をつけてしまう事も多々あります。

そんな肌のトラブルを未然に防ぎキレイな肌になれるのも魅力的なメリットです。

そしてデメリットに関してですが、単純にお金がかかります。自己処理だとシェーバーやカミソリなど安く済みますが、サロンで処理して貰うので前者と比べると高いです。

もう一つのデメリットとして脱毛完了までの期間が長くなります。

脱毛完了までの期間が短い部位などもありますが、基本的には全ての部位を1回で行うので、どうしても施術が要らなくなる期間は長くなってしまいます。

お金と時間と言うデメリットもありますが、美しくなるには自己処理はむしろ悪いので、女性にとって全身脱毛はメリットのほうが大きいとでしょう。