脱毛期間中の飲酒は良くない?、摂取しても大丈夫なアルコール摂取量の目安はあるの?

 

脱毛サロンでは契約を行う際と、施術を行う前に守る必要がある禁止事項として、脱毛前と脱毛後のアルコールの摂取を禁止しています。

ですが、実際にはちょっとのお酒なら大丈夫だろうと考えて施術前日にお酒を飲んでしまっている方もいると思いますが、実際はどうなのでしょうか?

例えばおちょこ一杯の量程度のアルコールなら大丈夫なのか?どうしてアルコールを摂取すると脱毛に良くないのかなど気になることだらけです。

今回は脱毛期間中のアルコール摂取について書きたいと思います。

脱毛とアルコールの関係性

まずアルコールを摂取することにより体温が上昇し、肌が外部からの刺激に対して敏感に反応してしまいます。

そして脱毛の時に照射される熱を受けると、正常な肌よりも火傷する危険性が大幅に高まります。

また体内の働きとして摂取されたアルコールを分解するため水分が必要になります、そして分解したアルコールを体外に排出するために強い利尿作用が起きます。

体内に排出された水分の量だけ、体から水が不足するので肌が乾燥してしまいます。

乾燥している肌でへの強い刺激もまた肌トラブルの原因になります。

前日だけじゃない?。脱毛当日と後日も飲酒を控えるべき理由

アルコールを摂取した肌で脱毛を行う事は良くないと触れましたが、では施術後はどうなのでしょうか?

サロンによって異なりますが、飲酒した前後12~24時間は飲酒を控えるように説明を受けます。

これは光照射を受けた部位は熱くなり炎症を起こしやすくなっている事に加えて、アルコール作用で血行が良くなり体温が上昇してしまい脱毛した部位が赤くなったり痒みを引き起こす可能性があるからです。

このことから部位を肌が熱くなると疾患が出てしまうので、赤みや痒みなどの疾患が出ている部位を冷やします。

冷やす事により温度が下がり症状が緩和されることがあります。

サロンよっては当日の飲酒は施術を拒否される可能性が

もしアルコールを摂取し、体内にお酒がまだ残っている状態で施術の時間を迎えるとどうなるのでしょうか?

基本的にほとんどのサロンでは施術前後の飲酒を禁止しているので、お酒が体内に残ったままサロン行き施術時にスタッフに飲酒を疑われてしまうと、当日の施術を拒否されてしまう可能性が高いです。

そうするとその日の施術分の回数は消化されてしまいます。

サロン側は何かしらの事情により予約した日に施術が受けられない場合は事前にサロンに連絡する事により予約日の変更を受け付けており、その場合は回数は減る事はありません。

サロンのスタッフは脱毛のスペシャリストであり、様々な方の肌を見て来ているので正常じゃない肌、そうじゃない肌の見分けはついてしまいます。

飲酒した状態での脱毛は肌トラブルの原因になり、脱毛効果を最大限に引き出せないので控えたほうがいいでしょう。

脱毛当日何時間経過すればアルコールを摂取してもいいの?

お酒が大好きな方にとっては、せかっく肌がキレイになった記念にお酒でお祝いしたい方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが脱毛当日からどれだけの時間が経過したらお酒を飲んでいいのか基準がいまいちよくわからない方もいるでしょう。

脱毛後の飲酒は施術で受けた肌の症状が治ってきたら大丈夫かと思います。

肌の症状は赤みや火傷、火照り、乾燥などですが、これらの症状が落ち着いてくるまでの時間は個人差があるので一概に何時間で大丈夫だと断言するのは難しいです。

全く肌トラブルが起きていなければ半日経過した後の飲酒は大丈夫だと思います。

しかし肌のトラブルが起きてしまった場合は丸1日位はお酒を控えると、症状が悪化することは少ないと思われます。

まとめ

アルコールを摂取することはお肌を敏感にさせて肌を傷つけたり炎症させたりします。 また体内の水分が減る事により肌が乾燥した状態になります。

これらの症状はサロンで脱毛を行う時に良くない結果を引き起こす可能性があり、サロンで施術を受ける前後半日から1日は禁止されています。

もし施術当日の直前までお酒を飲んでいたのにも関わらず当日施術に行くと、飲酒の事実を隠していたとしても脱毛の専門家であるエステシャンには見破られる可能性が高いです。

見つかってしまった場合は最悪は当日の施術は断られてしまい、更にその日の施術も回数として消化されてしまい、お肌にとってもお財布にも優しくないので飲酒は控え、もし飲酒したら正直にサロンに伝えて予約を変更してもらいましょう。