脱毛サロンの脱毛はどれくらい痛いのか? 部位によって痛みが違うって本当?

脱毛をしたい女性に人気がある部位と言えば脇やVIOなどのデリケートゾーンです。
涼しい季節には肌を露出した服装や水着などを着たい方にとって、デリケートゾーンのムダ毛処理は必須です。

ですがそのデリケートゾーンには神経が多いために、他の部位よりも痛みを感じやすくなってしまいます。

また脱毛する際に使用する光は、黒い色の部位にダメージを与えるので色素沈着がある部位は、そうでない肌の部位よりもより強い痛みを感じます。

そしてその他の部位では、ヒザやスネは皮下脂肪が少ないので痛みを感じやすいようです。

痛い脱毛法と痛くない脱毛法があります

誰しも脱毛をする際に、痛くない施術方法があるのであればと考えるでしょう。
では実際、痛くない脱毛法はあるのか検証してみます。

まず脱毛の仕組みは、毛乳頭(毛根)に熱や光でダメージを与えて、次の毛を生えにくくしています。
その時のダメージが痛い、もしくは熱いと感じてしまいます。

また一昔前まで主流だったニードル脱毛は、毛乳頭(毛根)に直接針を刺し込み針から電流を流すので非常に痛いと感じるようです。

そして医療機関で受けられる脱毛法にレーザー脱毛がありますが名前から分かるように毛穴にレザーを照射するので、この施術方法も非常に強い痛みを感じる方が多いようです。

では痛みが少ない脱毛法はないのか?

光脱毛はレーザーに比べて照射パワーも弱くしているので痛みも感じにくくなっています。
この光脱毛は脱毛サロンで受けられます。

痛みを強く感じやすい部位とあまり痛みを感じない部位

痛みを強く感じやすい部位はVIOと呼ばれるデリケートゾーンです。デリケートな粘膜が近くになることから、痛みを敏感に感じやすいと言われています。

VIO以外では、脇も痛みに敏感な部位です。これらの部位の施術を受ける場合は、ある程度の痛みを覚悟していたほうがいいかもしれません。

もちろん、痛みには個人差があるので、上記の部位でもあまり痛みを感じない人もいるでしょう。

反対に、痛みが比較的弱い部位は指や手足の甲です。これらの箇所は毛が薄いので、光照射の反応も薄いのでしょう。

痛みを感じやすい人の特徴とは

レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて痛みを感じにくい光脱毛が主流になっている現在では脱毛サロンで施術を受けた際に激しい痛みを感じる方はほとんどいませんが、肌の状態や熱に対する反応には個人差があるので、希に痛みを感じやすい方もいます。

ではのような人は痛みを感じやすいのか?

光脱毛の光は黒色に反応する性質があるので、産毛のような薄い毛のよりも、太い毛に光が反応し痛みを感じやすくなるようです。

またその他には、肌が薄い方、肌の白い方は、そうでない方に比べて痛みを感じやすいかもしれません。

脱毛は痛い方が効果が高いのか?

脱毛に関する噂では「脱毛は痛い方が効果がある」という説があります。 整体などにコリをほぐす時も、こっている時は痛く感じ、あまりこってないと痛みもなく、マッサージ効果も少なくなります。

また筋トレの場合は、よく聞くのが筋肉痛にならない筋トレは効果がないと言われています。これは激しい運動でダメージを受けた筋肉が修復すると、損傷する前より強くなるメカニズムによるものです。

このように脱毛の痛みと効果は関係があるのか?もし実際に痛ければ痛いほど効果があるのであれば我慢強い方は、無理してでも痛みが強い脱毛を受けたいと思うかもしれません。

では実際はどうなのでしょうか?

答えは「痛みと脱毛効果は比例している」一般的に言われています。

レーザー、ニードル、光も毛根を焼く事で皮膚の内部の毛を作る組織を破壊して、二度と毛が生えないようにするのが目的です。

痛みの理由は焼かれている=やけど状態とも言えます。
ですが、全く痛みが感じないから脱毛効果が全くないとは言えません。

よくある失敗談として脱毛効果を求めるあまり、無理に痛い施術を行うと、皮膚が火傷してしまい、脱毛はおろかケロイド状になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

そして現在サロンで主流である光脱毛は痛みを感じないように、日々研究開発が進められているので痛みもほとんど感じず、何度か通う事により脱毛効果を得られます。

まとめ

全身脱毛を行う場合はどれくらいの痛みを感じるのかは施術方法によって異なります。

医療クリニックで行われているレーザー脱毛、一昔前に主流だったニードル脱毛の場合だと前者も激しい痛みを伴いますが、後者の場合はもっと激しい痛みがあります。

またサロンで使用されている光脱毛ですが、こちらはレーザーとニードルに比べて脱毛効果が低くなっており、痛みもほとんど感じないでしょう。 ですがレーザーやニードルに比べて即効性の高い効果は得られませんが複数回行うことで十分な脱毛効果を得られます。

そして人が感じる痛みには個人差があり、痛みを感じやすい人の特徴として毛が濃い人や皮膚が薄い人などが考えられます。