違いは何? 脱毛サロンと医療クリニックを徹底検証

ムダ毛のお手入れを自分で行うのではなく専門のプロに正しいやり方で行ってもらう時に、選べる選択肢は2つあります。

1つは医療クリニックで脱毛してもらう、2つ目は脱毛サロンで脱毛することです。

医療クリニックで使われる施術機械、サービスや料金等が脱毛サロンとでは全く異なるので後で後悔することにならないように、それぞれの特徴をよく把握しておくといいでしょう。
今回はそんな医療クリニックと脱毛サロンをテーマにし書いていきたいと思います。

施術料金はどちらがお得か?

普通は医療クリニックと脱毛サロンの料金を比べるとサロンの方が料金設定が低くなっています。

これは単純に施術を行う人が医師かそうでないか、使用しているマシンや、医療的なサポートが受けられるかどうかなどが理由としては考えられます。

他の理由として考えられるのは脱毛サロンは競争が激化して価格を下げないと生存競争に残れないから、品質を保ちながら利益は減らすことにより利用料金を安価にしています。

脱毛サロンがお試し価格として割安料金になっていたり、季節ごとに様々なお得なキャンペーンを行っていますが、医療機関であるクリニックはこのようなキャンペーンは、当然ですが一切行っていません。

また医療クリニックは医師がおりますが、美容目的の脱毛行為は保険が適用されませんので、施術料金は高額になってしまいます。

脱毛効果はどちらが高いのか?

脱毛効果は医療クリニックと脱毛サロンで使用する施術方法ではどちらの方が効果が高いのでしょうか?

その答えは間違いなく医療クリニックの方が高いと言えます。 理由は施術で使用している機械の違いです。

医療クリニックは脱毛にレーザーを照射し、サロンは光を照射し肌に熱を与えて毛が生える組織を破壊する行為を繰り返して、毛が生えてこないようにします。

レーザーと光も共に熱を発生させるのですが、単純に医療クリニックで使われるレーザーの方が何倍も強力で効果は高くなっています。

専門的な医学知識を持っていると国に認められている医師が常時いるわけでないので、火傷や水膨れなどになる可能性があるような強い熱を肌に照射することは国から許しが出ていないのです。

脱毛の施術方法は違うのか?

医療クリニックで使うレーザーとサロンで使う光は、どちらもともに熱を肌に照射し、毛を生み出す組織を破壊することは同じですが、似て非なるものくらい違います。

まず施術を受ける方の体感として決定的に違うのは痛みです。

レーザーは光の数倍の強さで照射するので痛みも数倍強いとも言えます。

照射する熱を強くしているので、その分効果も高く脱毛完了までの期間も短くてすみますが、とにかく痛みが苦手な方にはレーザー脱毛はおすすめできません。

またレーザーは強すぎるので施術を受けた方のなかには、火傷になった方、肌が乾燥してしまった方など様々な肌トラブルになったと言う声が多く聞かれます。

反対にサロンでの脱毛はクリニックに比べて期間も長くなく痛みもほとんど感じないので長続きしやすいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックどっちがいいのか?

脱毛サロンと医療クリニックのどちらで脱毛をするのがいいかは個人によって判断基準が異なります。

例えば料金を重視する場合は医療クリニックと比べるとサロンの方が圧倒的に安いです。

また脱毛効果を重要視するなら医療クリニックのが効果が高くなっています。

ですが、痛くないことや肌のトラブルが起きない事を重要視するなら医療クリニックよりも脱毛サロンに軍配が上がります。

クリニックでのレーザー治療は効果はありますが、熱が強すぎるので敏感肌の方、肌が弱い方は熱によって火傷したり肌を引き起こす可能性があり、さらに通いやすさの面で言うと全国的に展開しているサロンも多く、店舗がある場所も駅チカも少なくないのでサロンの方が長続きするでしょう。

まとめ

医療クリニックと脱毛サロンは似ているようで全く違います。

違う点の例を挙げると施術時に使用する機会が違うので当然脱毛効果や脱毛料金も変わってきます。

脱毛効果は医療クリニック、料金はサロンが良いですが、医療クリニックで使用するレーザーは肌への刺激と負担が相当大きいので火傷や肌荒れの原因になってしまいます。

その点、脱毛サロンは効果は劣りますが料金は安く肌トラブルも起こしにくくなっているので脱毛初心者はサロンでまずは相談してみはいかがでしょうか?